【偕拓堂アート-掛軸の製造卸販売・メーカー】日本の家庭行事と掛軸(掛け軸)に込められた思い

  • 日本の伝統を知る
  • 関連商品
  • 掛軸を知る
  • 会社案内
  • 新着情報
  • カタログ
  • 関連動画

日本画ができるまで

岐阜県は日本画の聖地

掛軸の生産量が全国一を誇る岐阜は、日本画家の聖地でもあります。岐阜県は良質な水に恵まれ、和紙や竹工芸を中心に伝統工芸が栄えました。美濃の和紙、各務原の絵絹、岐阜提灯の絵師達によって日本画の技術は、まさに今後岐阜から世界に発信すべき地域の宝です。

 

日本画ができるまでの過程

書きおろし
書きおろし,日本画ができるまで
日本画は迷いがそのまま筆運びに影響し、直接作品に現れます。だからこそ対象となる題材を描くときは、何度も何度もスケッチを行い、何も見なくてもそれが描けるように頭の中に叩き込んでしまうのです。

 

準備
準備,日本画ができるまで
日本画作品は、和紙または絹に描かれます。和紙は豊富な種類があるため、その中から作品を表現するのに最適な和紙を選択します。絹は木枠に張り込んでからドーサ引きという作業を行うため、下準備だけで三日程度かかります。作品によって描く媒体を整えることも大切です。

 

色作り
色作り,日本画ができるまで
岩絵具、胡粉、水干絵具を膠と混ぜて色を作ります。この作業で出来上がった色によって作品の仕上がり具合が大きく変化するため、自分が納得できる色を作り出せるまで、時間をかけて作業を行います。

 

描き込み
描きこみ,日本画ができるまで
絵具の量、水の量、筆を動かす速さ、筆を持つ力の入れ具合、そのすべてが微妙に異なるだけで作品が大きく変わってしまいます。描いている最中の集中力は凄まじいものです。

 

押印(おういん)
押印,日本画ができるまで
完成した作品の自筆証明となる慎重に行われる最後の作業です。描かれた絵には表と裏があります。落款が押印される場所は裏が多く、陰になるほうが裏になります。花鳥画でいいますと、花が咲いている反対側、上へ伸びているものの元、鳥が向いているほうの反対側が裏にあたります。

 

〒501-0438 岐阜県本巣郡北方町平成7-33【 MAP
TEL 058-323-1810
メールでのお問い合わせ / オンラインショップ / 個人情報保護方針

【偕拓堂グループ】