【偕拓堂アート-掛軸の製造卸販売・メーカー】日本の家庭行事と掛軸(掛け軸)に込められた思い

  • 日本の伝統を知る
  • 関連商品
  • 掛軸を知る
  • 会社案内
  • 新着情報
  • カタログ
  • 関連動画

春

四季のある日本ではその移ろいゆく様を屋外だけでなく、家庭の中でも演出して楽しんできました。季節の節目である節句において、桃の節句には桃の花を、端午の節句には菖蒲の花を、七夕には笹の葉を、重陽の節句には菊の花を厄除けとして飾ってきました。健康無事に過ごすために自然と調和した生活を送ることが日本人の元来の生活様式です。掛軸を掛け替えることにより四季折々の表情をご家庭で楽しむことができます。美しく豊かな日本の自然を日々の生活の中で身近に感じていただくのはいかがでしょうか。

 

春の訪れとともに一斉に咲き誇る日本人にはなじみ深い桜。華やかに咲かせたと思えば儚く散りゆくその姿は、日本の「侘び・寂び」の心をしみじみと感じさせてくれます。

 

A1258

 

北条静香 桜に小禽 尺五立

130,000円(本体価格)
54.5cm×190cm

地塗りの作業で桜の幹枝、花びらを引き立てています。
春の訪れを喜んでいる小鳥を表現しています。
A1260

 

佐藤桂三 桜に小禽 半切立

56,000円(本体価格)
47cm×190cm

和紙の温かみに付け立画ならではの渋みを表現しています。

 

A43

 

河村東陽 桜に小禽 尺五立

50,000円(本体価格)
54.5cm×190cm

特殊工芸作品
※特殊工芸作品とは、掛け軸専門作家が、情熱を込めて描き上げた作品を、最新デジタル技術を駆使し、より美しく仕上げた作品です。

 

藤の花はつるが伸びて咲くことから家系の繁栄につながるといわれています。花言葉は「優しさ、歓迎、決して離れない」。たおやかに垂れている姿は振袖姿の女性を想像させます。

 

A1278

 

佐藤桂三 藤 半切立

56,000円(本体価格)
47cm×190cm

和紙の温かみに付け立画ならではの渋みを表現しています。

〒501-0438 岐阜県本巣郡北方町平成7-33【 MAP
TEL 058-323-1810
メールでのお問い合わせ / オンラインショップ / 個人情報保護方針

【偕拓堂グループ】