【偕拓堂アート-掛軸の製造卸販売・メーカー】日本の家庭行事と掛軸(掛け軸)に込められた思い

  • 日本の伝統を知る
  • 関連商品
  • 掛軸を知る
  • 会社案内
  • 新着情報
  • カタログ
  • 関連動画

御神号 天照皇大神

御神号とは、太陽を象徴する神様だといわれた天照皇大神のお名前が書かれている掛軸です。家でもっとも尊いとされ、神様とご先祖様をまつる床の間に、神様が来られることを願うために御神号を飾ります。天照皇大神の御神号を掛けることは、天照皇大神がいつも自分の家族を守ってくださることへの感謝の現れです。幸せな生活を送り笑顔のある家庭を築くという願いが込められています。そしてお正月に氏神様をお迎えするたにもぜひお飾りいただき、一年間の家内安全、幸ある人生、地域の発展の祈りとともに、神様からの恵みに感謝いたしましょう。

 

B5616

 

荒木田守明 天照皇大神 尺五立

94,000円(本体価格)
53cm×187cm

荒木田守明 謹書 / あらきだ もりあき
荒木田氏(あらきだうじ)は江戸時代末まで伊勢皇大神社
(伊勢神宮内宮)の禰宜(ねぎ)を世襲した氏族。



神璽(しんじ)
天子の印。三種の神器の総称、御祈祷済みの証です。


唐花菱(からはなびし)
唐花菱は御守り、御神號、一部のデザイン等に使用されており、この紋を散らした裂地は、御神宝の中にも見られ、古くより伊勢神宮の好みの模様であったことは事実です。


軸先(じくさき)
木曽ヒノキを使用。第47回式年遷宮から、徳川御三家の一つ尾張徳川家の領地である尾張藩の木曾谷に御杣山(おそまやま)は移されました。以後、第51回式年遷宮のみ大杉谷に戻ったものの、300年以上にわたり木曾谷の桧を使用しています。

 

B5614

 

荒木田守明 天照皇大神 尺五立

20,000円(本体価格)
45.5cm×173cm

B5613

 

荒木田守明 天照皇大神 尺五立

30,000円(本体価格)
45.5cm×175cm

 

<荒木田 守明>

荒木田氏(あらきだうじ)は江戸時代末まで伊勢皇大神社(伊勢神宮内宮)の禰宜(ねぎ)を世襲した氏族。

 

A9091

 

四神刻印入り 木曾檜風鎮

2,800円(本体価格)


青龍
東方を守り家運隆盛、商売繁盛を招きます。


玄武
北方を守り繁栄と長寿をもたらします。


朱雀
南方を守り平安と福を授けます。


白虎
西方を守り女性に子宝と安産を授け夫婦円満に導きます。

〒501-0438 岐阜県本巣郡北方町平成7-33【 MAP
TEL 058-323-1810
メールでのお問い合わせ / オンラインショップ / 個人情報保護方針

【偕拓堂グループ】