【偕拓堂アート-掛軸の製造卸販売・メーカー】日本の家庭行事と掛軸(掛け軸)に込められた思い

  • 日本の伝統を知る
  • 関連商品
  • 掛軸を知る
  • 会社案内
  • 新着情報
  • カタログ
  • 関連動画

掛軸のしまい方

掛かったままの状態で掛け方と逆の順序で掛軸を巻き、矢筈で取り外します。
しまう時には必ず風帯を左右に内側に曲げてください。
掛軸上部には巻紙を付けます。

軸先を持って上から柔かめに巻いていきます。
あまりきつく巻きすぎると、次に掛けようとした時に巻きグセが付いてしまい、
掛かりが悪くなります。

図のように右側から順に3回、巻紐をゆるくかけていきます。

下に垂れている巻紐の中央部分を手前に折り曲げます。
折り曲げた部分を掛け緒の下からくぐらせ、上に引っ張ります。

上に引っ張り上げた部分を反対側にくぐらせ締めます。

桐箱に収納してください。
桐箱の内側には耳があり、八双(半月)部分が入る方が広くとってあります。
しまう時にはご注意ください。

 

動画で掛軸の取り扱いをご覧ください。

〒501-0438 岐阜県本巣郡北方町平成7-33【 MAP
TEL 058-323-1810
メールでのお問い合わせ / オンラインショップ / 個人情報保護方針

【偕拓堂グループ】